2014.3.21~ 東北ツアー
ホーム > 2014.3.21~ 東北ツアー

2014.3.21~ 東北ツアー

2014年03月27日(木)12:00 PM

3月21日から26日まで「北上音楽祭」の一員として、東北3県の仮設住宅やマルシェでライブ活動を行ってきました。
今まで、震災に目を背けて来た自分がいました。辛くて何をすればいいか判らなくて、しかしそれではいけないと思うようになり、現実を自分の目、耳、5感全てで感じ取ろうと、現地に赴きました。
仮設住宅に住む方々、住宅を流された方々、職場を失った方々、家族を失った方々、そういった方々から直接お話を聞けて、自分はミュージシャンとして、人としてどうすればいいのだろうと改めて考える事が出来ました。
お話の中には、「この先どうすればいいのか分からない。」という声もあります。
若くまた再建ができる前向きな方々は、何とか前に進もうとしていますが、そういった方々ばかりではありません。
ご年配の方々は家を建てたくても建てられない、商売を再開したくても出来ない。そういった方は少なくありません。
それから、東京の方では震災復興は徐々に進んでいるイメージがあると思いますが、正直にいうとまだ全然進んでいません。
現地の方がおっしゃっていましたが、「復興と軽々しく使わないでほしい、まだ復旧の段階でしかないのだから全国の人に現状を見てほしい」と訴えていました。
感じ取る事は人それぞれですが、僕は少しでも復興への手助けがしたいと強く思います。一人の力は小さいですが、沢山の小さな力が集まれば、大きな希望になります。どうか今後とも児玉国弘を応援していただけると大変嬉しく思います。


2014.3.21 岩手県陸前高田 旧広田水産高校仮設住宅

前日からの大雪で、一ノ関から陸前高田へ向かう途中の山道は、ものすごく雪が積もっていました。
でもとても美しい雪の世界でした。


山道を抜けて奇跡の一本松にたどり着きました。
この辺りは高田松原といって、その名の通り沢山の松の木が
ありました。
しかし津波によって辺り一帯は全て流されてしまいましたが、
奇跡的に1本だけこの松が残りました。
ですが、その最後の1本もダメになってしまい写真に写っているのは
レプリカだそうです。
辺りには今、土を運ぶ巨大なベルトコンベアが出現しました。



ようやく旧広田水産高校仮設住宅に到着です。ライブ会場は集会所です。


聴きにきてくれた方はお年寄りが中心でした。
少しでも心のケアが出来たら嬉しく思います。


ライブ終了後、速攻あと片付けして車で一ノ関へ。次の日は横須賀でライブなので、新幹線で東京に戻りました。
鍵盤弾きは荷物が多くて一苦労です。

2014.3.22 神奈川県横須賀 ソレイユの丘
詳しくはこちらのページ

2014.3.23 宮城県石巻 にっこりサンパーク団地仮設住宅

横須賀のソレイユの丘ライブを終えて、千葉の自宅に戻り少し仮眠。
22日の23時頃、ぼちぼちと自宅を出て石巻を目指して車でGO!
途中休憩をとりながら、何とか朝の7時頃北上音楽祭のみんなが宿泊している
石巻の追分温泉に到着。ふいーー。
温泉につかってリフレッシュ。シャキーン!
朝食も頂いちゃって元気もりもりです。


にっこり団地に行く前に大川小学校を訪れました。正直言って見るのが辛いです。
将来、プロ野球の選手になりたかった、歌手になりたかった、サッカー選手、オリンピックアスリート・・・
様々な想いを抱いて、多くの子供たちが亡くなってしまった。
ここの子供達だけじゃない。震災で沢山の命と想いが絶たれてしまった。
だから、その人たちの分までがむしゃらに生きたいと思います。





北上中学校にっこりサンパーク団地仮設住宅に到着。
北上川のすぐ近く、大川小学校からもすぐ近くです。
北上音楽祭もここで誕生しました。僕達ミュージシャンが出来ることは、音楽の力で
みんなを笑顔にする事です。でもいつもそうですが、励ますつもりが逆に励まされ
沢山のパワーを頂きます。まだまだだなーなんて思いつつ、皆さん楽しんでました。
この日は沢山のアーティスト達が、ライブで仮設住宅の方々を盛り上げていました。






2014.3.24 宮城県気仙沼 鹿折復幸マルシェ
製作中
2014.3.25 宮城県仙台 Cafe de Lucille
製作中
2014.3.26 福島県南相馬 高見町第一仮設住宅
製作中



«   |   »